読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

=== memo ===

こつこつ読書感想文📝

『あの日、あの曲、あの人は』小竹正人(冬幻舎)

曲名を見て、一曲も知らない自分に驚いた!ひゃー

歌番組とか、そういや見なくなったな〜となんだか年齢を感じました。

本当に、自分の興味あるものしか聴いてないんだなあ!

あの日、あの曲、あの人は (幻冬舎文庫)

あの日、あの曲、あの人は (幻冬舎文庫)

 

 LDHに所属されているアーティストが好きな方には、ものすごーく楽しめる内容かと。

 

「小竹さんの歌詞はどうしようもなく悲しく、救いようもなくせつないのが特徴だと思ってましたが、この詩はもはや病んでしまいます。病み曲です。」

曲を全然知らなかったわたしですが、この感想わかるなって。全体的に、せつない。国民権を得ている作詞家さんの歌詞がそうだということは、みんな自分の中のエモさを音楽に託してるのかな。

Flower 『白雪姫』 3/4発売 2ndアルバム『花時計』

「若さなんてあっと言う間に消える」「つまんない時計はめたら つまんない時間過ごすのよ」「つまんない Life Styleじゃ つまんない大人になるのよ」と、いつもメールでE-girlsメンバーに言っているようなことを書いています。

大人になるとわかるのだけど、古今東西、まともな大人の言うことって実はすごく正しい。


E-girls / Anniversary!!

 初めて見た光景が一生忘れられないことってある。こんな世界は今まで知らなかったと衝撃を受け、ずっと覚えていることってある。

喜び、悲しみ、幸せ、つらさ、嫉妬、恥ずかしさ、達成感、絶望、恐怖、安心、不安、怒り、感動、我慢、緊張・・・

数えきれない人間のすべての感情は色を持っていて、その色たちがその時々の自分を塗り替えていくのが人生だと思う。

たとえ自分の人生が一瞬にしてモノクロになってしまっても、また一色二色と自分で色をつけていけばいい。 

私は、たくさんの素敵な人に様々な色をもらって、それを自分の人生に少しずつ塗り重ね今に至っている。 

 私もそう思う。

本を読むのがすきだけど、実際、新しいひとと会ってその人のことを深く知ることは、本よりももっと得ることがあると思う。

尊敬できる諸先輩方はもちろん、歳下でも自分よりしっかりとした考えの方だってごまんといる。

たまに「この人とはあわないなあ!」なんて方もいるけど、「わたしとあわない」だけで、そのひとにも家族がいるし友人もいるし恋人だっていたりする。だから、本当に「わたしとあわない」だけなんだと思う。

つかれちゃうこともあるけど、これからも、ひとと出会い続けていたいなーと思うくらいにはひとが好き。小竹さんも書いてらしたけど、だからってやみくもに会うわけじゃなくて、自分が前向きになれるひとに会っていきたいなって思ってます。

 

最後に。

LDH所属アーティストの曲のなかで、唯一わたしでも聞いたことがあった曲。

日本を代表する美女達が眩しいです。


KOSE|Tokyo Seven Days Special Movie ディレクターズカットver.