読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

=== memo ===

こつこつ読書感想文📝

『美女は何でも知っている』林真理子(マガジンハウス)

林先生のカタカナの使い方が好きです。あと、口語。最後に「。」がないからなのかな。溢れ出る品の良さとかわいらしさ。

生活レベルが違いすぎておとぎ話のようなんだけど、洋服やダイエットや美容や恋愛の話題は全女性共通なんですね。ウン、ウン。わかる!と一気読みしてしまいました。

あー、美女になりたい!ふふふ。

 

美女は何でも知っている (マガジンハウス文庫)

美女は何でも知っている (マガジンハウス文庫)

 

「そうか、セレブ度というのは、露出と正比例するんだ」

銀座へ飲みに行ったら、ぜひお店を見渡して見て欲しい!

8割くらいの女性がノースリーブ着てるから。しかも、白ね。

どの季節でもそうだから、ベタって大事なんだなーと思います。間口の広さ。

たとえば合コンに行ったとする。男性が五人いた。五人ともブーだったら、たいていの女はさっさと帰る。

「だけど彼女は、せっかく合コンに来たんだから、絶対にモトをとってやる、この中でいちばんマシなのと、次のデイトの約束ぐらいはしておく、って人なんじゃないでしょうか」

好みがいなければさっさと帰るB子さん。

とりあえずひどい中でも「いちばん」を見つけるA子さん。

どっちが幸せになるかわからないけれども、ま、他から見てレベルが低いと思われても、ちゃんと美点を見つけられるのは確かに才能であろう。少なくとも、このタイプだと男の人が途絶えることはない。

 わたしのまわりで、結婚してるひととしていないひとの差はまさにこれ。自分然りです。ため息しかでないなー。こわいなー。

「エイヤっと、いちばん身近な男に身をゆだねる。そんなに好きじゃなくてもいい。自分のことをうんと好きだと言ってくれる男にすべてを託す。一度人生を人まかせにする。その心地よさを試しにしてみるのよ」

人生を人まかせにするって考え持ったことなかったな。

自分がそんなに好きじゃなくて、自分のこと好きだと言ってくれるひとってちょっと気持ち悪いなって距離置いてしまいませんか。最近すぐ「きもちわるーい!」って言ってるからなー。世の中のみなさんはやっぱりそうじゃない方もいるのね。エイヤって飛び込む勇気も必要よね。あらためよう。

幸福というのも癖であるが、不幸というのも癖である。

 うむ!

 


SEBASTIAN X/こころ(Music Video)