読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

=== memo ===

こつこつ読書感想文📝

『花のベッドでひるねして』よしもとばなな(幻冬社)

「花のベッドに寝転んでいるような生き方をするんだよ。幹のいちばんいいところは、心からの幸せの価値を知っていることだ。今のままでいい。うっとりと花のベッドに寝転んでいるような生き方をするんだ。もちろん人生はきつくたいへんだし様々な苦痛に満ちている。それでも心の底から、だれがなんと言おうと、だれにもわからないやり方でそうするんだ、まるで花のベッドに寝ころんでひるねしているみたいに。いつだってまるで今、そのひるねから生まれたての気分で起きてきたみたいにな。」

 

捨て子だった「幹」は、海辺でわかめにくるまっていたところを母に拾われて以来、大平家でしあわせに暮らしている。

家の裏には廃墟となった悪い噂が絶えないビルがあり、海外から戻ってきた野村くんが裏の土地を購入したという。

玄関前に毎朝置かれる小石、両親の交通事故、みんなの夢に共通する「気味の悪いうさぎ」など、奇妙なことが周囲で起こる中、ビルの取り壊しの時、ある事実が発覚する。

 

 

 かわいい表紙に惹かれて手に取った本。

なかなかスピリチュアルな内容でした。「引き寄せの法則」みたいな。

すきな方はすきそう。

わたしは、スピリチュアルなものより脳科学とかの方が面白いと思うほうなので、うう〜む、こういう世界もあるのかあ、という感想でした。

 

 「いつも側にそっとある仄暗いもの」に蓋をして気付かないふりをする幹ちゃんと、それさえもポジティブに変換できる野村くんの話、かな。

 

「嬉しいなあ、戻ってこられて。大人になるってすばらしいことだね。仕事して、したいことさえしぼりこめていたら、叶えることができる。」

 

野村くんのこのセリフがすき。

その通りだと思う。

 

例えば、自分が前職で店舗責任者をしていたとき。

「お客様係をやりたいです!」って、アルバイトちゃんが言ったら、

その気持ちに応えたいな、一緒に叶えたいなと、アドバイスができました。

そして今、わたしはサービス業を離れ、まったく別の仕事をしています。

はじめは右も左もわからなかったけれど、

去年末くらいに「こう進みたいです。」と伝えたら(もちろん伝えるだけじゃなくて、それに向けて勉強をしているし、材料は常に提示しているつもり)、

アドバイスを頂けたり、ここ3ヶ月くらいどんどんその道が具体的になってきて面白いです。6月末にはありがたいことに本当にその道に入れそうで、今とてもわくわくしております。

自分ひとりで、がむしゃらにがんばる!も、いいかもしれない。

だけど、よっぽどじゃない限り「◯ ◯ したい!」って気持ちを否定する人のほうが少ないんじゃないかな。

むしろ、応援したくなっちゃうんじゃないかな。

なんてことを最近思ったって話。

(すきな方のまねをして締めてみました。にやり。)