読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

=== memo ===

こつこつ読書感想文📝

『もういちど生まれる』朝井リョウ(幻冬舎)

もうすぐ二十歳なんだからさ、と思いながら、オレは携帯のロックを外す。どうせ普通の企業に就職しなきゃいけなくなるんだよ。結局は、自分が休んでも代わりが務められるような仕事に就くことになる。そこで四十年近く働くんだ、たまに有給うまく使いながら。多分昼は五百円弁当で。

オレだってそうだよ。プライドなんて、持たないでいたらこんなにも楽なんだ。

それでも、どうしてだろう。そんなことを思うたび、辛いものでも食べたように、舌がぴりっと痛む。

 

「二十歳」

年齢だけが大人になってしまう。

それぞれ「二十歳」の主人公たちが、それぞれの出来事を通して「変わってしまう」短編集。

 

「さっきのシーンさ」

「自殺のシーンっていうよりも」

「この世界に生まれ落ちたみたいだったよ」

 

「もういちど生まれたみたいだった」

 


Base Ball Bear - changes

 「変わったのは、僕自身だ」

 


Base Ball Bear - 新呼吸 at NIPPON BUDOKAN from 2nd LIVE DVD

 「あたらしい朝がくれば 僕は変われるのかなあ」

 


Base Ball Bear - short hair

 「変わり続ける君を、変わらず見ていたいよ」

 

読んでる間中、BaseBallBearの曲がずっと頭の中で鳴っていました。

どちらも眩しく瑞々しい。