読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

=== memo ===

こつこつ読書感想文📝

『僕の好きな人が、よく眠れますように』中村航(角川書店)

僕の好きな人が、よく眠れますように。いつの日も、これからどんなことがあっても、健やかに眠れますように。(P212)

ラーメン屋さんに並んでいた1時間ほどで読み終えてしまった。

 

僕の大学院に、ゲスト研究員として北海道から女の子がやってきた。
くるくる表情を変える可愛らしい女の子。
僕らは、毎日、同じくらいの時間に学校に来て、同じくらいの時間に帰った。
一緒にマウスの世話をして、白衣を着たまま昼食をとり、いろんな話をした。
どんどん彼女の魅力に惹かれていき、
「好き」だと意識するのに時間はそうかからなかった。

ただ、彼女は「人妻」だった。学生結婚をしていたのだ。 

はっきり言ってしまうと「不倫の話」です。

不倫の話だけど、どろどろした点はまったくなく、すべてが甘く柔らかいファンタジーの世界。

「何だか北海道が好きになってしまった。北海道の形が好き。ハナサキガニも雪虫もコロボックルも、パイロットファームも、クラーク博士も、めぐも好き。めぐは特に好き。月!」

なんてメールを帰省中の彼女に送ってしまうくらいの溺れっぷり!

(好き!を月!って!!!!!)

 

ごくごく最近、「『楽しい』だけを共有しようってふたりで決めた」恋愛をしているというひとに会いました。
まさに、この本の主人公 山田さんとめぐの関係だな、と。
(その方達は不倫じゃないよ。)
彼らは公然に付き合ってはおらず、今後結婚もしないだろう、と。
ただ、お互いを「パートナー」だと思っている、と。

ひとさまの恋愛をとやかく言うほど野暮なことはないのだけど、今までの自分にない価値観だったから驚いたというのが本音。

 

正しさと間違いは、シーソーの両端にあるわけじゃない。当たり前のことだけど、正しさは間違いを内包していたり、間違いの前提として正しさがあったりする。(P30)

 

山田さんとめぐも ただただ「楽しい」だけ。
物語のなかに、北海道にいるめぐの旦那さまのことはまったくでてきません。
そこが、バカップルよろしくのファンタジーっぽさを出しているのかも。

 

「恋ってのは、寸止めが一番美しいんだよ。」(P57)

 


星野 源 - くだらないの中に 【Live from “YELLOW VOYAGE”】

 

魔法がないと不便だよな
希望がないと不便だよな!