読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

=== memo ===

こつこつ読書感想文📝

『舞台』西加奈子(講談社)

俺は、自分自身に対して、演技をしている。自分を欺く者に、本当の姿などない。そのことだって、分かっていたはずだ。でも、やはり苦しいのは、そんな自分をどうしようもなく嫌だと思うからだ。俺は一生、この苦しみと付き合わなければいけない。自分を欺き、演じて、そのことに嫌悪し、だが決してやめられない。
俺はそうやって、一生、苦しんでゆくのだ。

 

29歳のこじらせ系男子「葉太」は小説家の父の遺産を使って、ニューヨークに観光に来た。
1日目にして全財産が入ったバックを盗難されてしまうが、自意識過剰すぎるために犯人を追いかけることもせず警察にも届けない。

正直、前半は葉太をみてて いらいらした。
そこまでして「守りたい自分」ってなに?と。
めんどうくさいな!と。はよ領事館に行きなさいよ、と。

そんな彼が 全財産を失ってニューヨークを彷徨い 精神を揺るがせながら必死に自分と向き合う様は考えさせられる。

西加奈子さんが巻末の対談でおっしゃっていたことが救いだし、答えじゃないのかな。

何かが助けてくれるわけじゃなくて、自分の気持ち次第で最初に食べたごはんも美味しくなる。
誰に言われたわけじゃなく、自分の気持ちで景色が変わるということを、いろいろな小説で書きたいと思っていて『舞台』ではとくにそれが書きたかった。


「つまんない」ばっか言ってた
つまんなさ世界のせいにしてばっかいた


高校生の時に衝撃をうけた加藤千恵さんのかんたん短歌をふと思い出した。
(当時は理解していなかったけどほぼ日に掲載されていたのですね。)

ほぼ日刊イトイ新聞 - 石川くん。

 

いつだって、人生はひとりひとりの「舞台」。
そしてきっと自分の気持ち次第で景色が変わる。
このことを忘れないでいたいな。


キュウソネコカミ - 「わかってんだよ」MUSIC VIDEO