=== memo ===

こつこつ読書感想文📝

『夢を与える』綿矢りさ(河出書房)

夢を与えるとは、他人の夢であり続けることなのだ。だから夢を与える側は夢を見てはいけない。 2007年2月発行。芥川賞受賞作。(こちらも2007年かあ。内容的に、去年あったゲスい事件を思い浮かべながら読んでしまった。) 主人公「夕子」が生まれる前の 母「…

『35歳の教科書』藤原和博 (幻冬舎)

「みんな一緒」という感覚の社会から「それぞれ一人一人」という感覚の社会へ。 杉並区立和田中学校で 生徒や大人も参加する形で様々な立場の社会人の方の講義を聞くなど世の中について学習する「よのなか科」を創立された 藤原和博 さんの2009年9月発行(な…