=== memo ===

こつこつ読書感想文📝

『スタンフォードでいちばん人気の授業』佐藤智恵(幻冬舎)

ハーバードじゃないんかい✋というツッコミは受けます。 目次を読んで惹かれた本。 大学もう1度行きたいなあ なんてたまに思うのですが、そんなぼんやりした目標じゃだめだよね。 大学時代を思い出してみても、バイトに励んでばかりいたし。 じゃあ、あの頃…

『働くひとのためのキャリア・デザイン』金井壽宏(PHP新書)

ふいに本を貸してくれるひとが好き。 最近、かねてからしてみたかったという職業に転職したひとが貸してくれた本。 その時、初対面だったんですけれど。仕事の話になった時に「ああ、そういえば」って貸してくれたんですよね。嬉しかったなあ。 働くひとのた…

『なめらかなお金がめぐる社会。』家入一真(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

CAMPFIRE、BASE、リバ邸、polca 面白い、新しい、と感じた先にいつもいるひと。家入一真さん。 CAMPFIREのプロジェクトから見る「小さな経済圏」の試みから、 今後、社会がどう向かっていくのか。家入さん目線の未来予測も覗ける本。 読みやすくて、面白くて…

『自分をいかして生きる』西村佳哲(ちくま文庫)

どんなに成功しているように見える人でも、人生に「上がり」はない。植木さんのように多くの人から、その仕事を愛された人でも。あたり前の話だけれど、定年まで勤めあげたところでそこがあがりでもない。死ぬ瞬間まで「自分をどういかして生きてゆくか」と…

『なめらかで熱くて甘苦しくて』川上弘美(新潮文庫)

「甘苦しい」って、初めて見た ことば だけど(調べてみたらやっぱり造語のようだった。)、なんだかひどく色っぽい。 おんなの生と性。 「女」として生きていくことを様々な年齢の主人公の目線で描いた短編集。 なめらかで熱くて甘苦しくて (新潮文庫) 作者…

『持たない幸福論』pha(幻冬舎文庫)

持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない (幻冬舎文庫) 作者: pha 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2017/08/04 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 自分は過去の名作のリミックスをし続けるDJで構わない。全ての表現…

『言葉を使いこなして人生を変える』はあちゅう(大和書房)

言葉を使いこなして人生を変える 作者: はあちゅう 出版社/メーカー: 大和書房 発売日: 2017/02/17 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 今年出た本だったんだ。 「いつか読みたい」リストに入れておいて寝かしていた本。 ツイッターで流れてきた感…

『エッセンシャル思考』グレッグ・マキューン(かんき出版)

合言葉は「より少なく、しかしより良く」 エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする 作者: グレッグマキューン,高橋璃子 出版社/メーカー: かんき出版 発売日: 2014/11/19 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (18件) を見る 「…

『自分の仕事をつくる』西村佳哲(ちくま文庫)

自分の仕事をつくる (ちくま文庫) 作者: 西村佳哲 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2009/02/01 メディア: 文庫 購入: 23人 クリック: 609回 この商品を含むブログ (90件) を見る こちらも金沢の美術館でみつけて。 今年、この方の本に出会えたのもわたし…

『わかりあえないことから』平田オリザ(講談社現代新書)

え、やだ。2週間も空いてしまったの。 溜めていいものは、お金くらいよ!わたし! 仕事スイッチを切りたくて敢えての感想文です。ずっと同じことを考えているのって精神面的にもよくないですよね。息抜き!大切! 金沢に行った際に、美術館で買った本の中の…

『3年でプロになれる脚本術』尾崎将也(河出書房新書)

プログラマになって3年ちょっと。 お金をもらっているのでプロなんでしょうけど、やっと自分の思うようにプログラムが組めるようになってきて楽しくなってきたかなあ、というところ。 自分が組んだプログラムが思うように動いた時は、魔法使いにでもなった気…

『ウエハースの椅子』江國香織(新潮文庫)

本は読んでいるんだけど、感想文が追いついていないなあ。 やりたいことができている嬉しさと大変さの反面、時間のコントロールができなくなってきているワ。そのくせ旅行行ったりしているし夏はそもそも遊びたいですから、自業自得っちゃあ自業自得だね。 …

『ギンイロノウタ』村田沙耶香(新潮文庫)

表題作の「ギンイロノウタ」と「ひかりのあしおと」の二編。 ギンイロノウタ (新潮文庫) 作者: 村田沙耶香 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2013/12/24 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る ポップで可愛い表紙とは裏腹に、どこか狂った(もしくは、…

『ショートショートの宝箱』(光文社文庫)

30名の作者による30編のショートショート。 1編1編短いから、普段読書する習慣がない方にもおすすめ。 わたしが物語を読み続ける理由のひとつとして「気分転換」があるんだけど、ショートショートはサクサクと別の世界に飛べるからいいですね。 ショートショ…

『センセイの鞄』川上弘美(文春文庫)

お得意のこちらで知って。 www.1101.com ほんっと、過去の名作の類をぜんぜん知らないので、誰かのおすすめ頼りばかり。 「日本語って、うつくしいなあ」「きれいな響きだな」と読んでいて何度も感じた。うれしい出会いでした。 センセイもツキコさんも、素…

『ボクたちはみんな大人になれなかった』燃え殻(新潮社)

こんなラブレター、初めて読んだ。 燃え殻『ボクたちはみんな大人になれなかった』PV|新潮社 ボクたちはみんな大人になれなかった 作者: 燃え殻 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2017/06/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 彼女はボクにとっ…

『風の声を聴け』村上春樹(講談社)

群像新人賞を受賞したデビュー作。 29歳の「僕」が、1970年8月、20歳の「僕」のひと夏を回想するものがたり。 風の歌を聴け (講談社文庫) 作者: 村上春樹 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2004/09/15 メディア: 文庫 購入: 43人 クリック: 461回 この商品を…

『仕事。』川村元気(集英社)

仕事は、金のためだけにあるのではない。 だからこそ、どんなに金持ちになってもスティーブ・ジョブズは働き続けた。 それはきっと彼にとっての仕事が、人生を楽しくする手段だったからだ。 「仕事。」で世界を面白くしてきた日本の巨匠の方々は、30代のころ…

『伝え方が9割』佐々木圭一(ダイヤモンド社)

この本は最短距離で、あなたのコトバ / 伝え方を磨くためのガイドだと思って下さい。 伝え方が9割 作者: 佐々木圭一 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2013/03/01 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 2人 クリック: 22回 この商品を含むブログ …

『終わらない歌』宮下奈都(実業之日本社)

「よろこびの歌」の続編。 あれから、3年後。 20歳になった それぞれの女の子の話。 終わらない歌 (実業之日本社文庫) 作者: 宮下奈都 出版社/メーカー: 実業之日本社 発売日: 2015/10/03 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (6件) を見る 御木元さんは相…

『君の名は Another Side: Earth bound』加納新太(角川スニーカー文庫)

earth・bound 1〈根など〉地に固着している.2〈動物・鳥など〉地表から離れられない. 3 世俗にとらわれた,現世的な; 想像力のない,散文的な. earth・bound 〈宇宙船など〉地球に向かっている. 言わずと知れた大ヒット映画の特別編。 三葉の体に入った瀧・…

『まろやかな狂気』夢眠ねむ(マーキー・インコーポレイティド)

まろやかな狂気―夢眠ねむ作品集 作者: 夢眠ねむ 出版社/メーカー: マーキーインコーポレイティド 発売日: 2016/11/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る やっと 手に取れた。 特別「推し」って感じではないけれど、特別「目を引くアイドル」 そん…

『気分上々』森絵都(角川文庫)

ウエルカムの小部屋 彼女の彼の特別な日 彼の彼女の特別な日 17レボリューション 本物の恋 東の果つるところ 本が失われた日、の翌日 ブレノワール ヨハネスブルグのマフィア 気分上々 の9つの物語からなる短編集。 気分上々 (角川文庫) 作者: 森絵都 出版社…

『国境のない生き方』ヤマザキマリ(小学館)

テルマエ・ロマエの原作者、といったほうがぴんとくる方が多いのではないでしょうか。わたしもそうでした。 出口治明さんの本の一節に、こうあったんです。 もし、お金のことを考えるなかで自分の「楽しい」や「自由」がわからなかったら、ぜひ漫画家・ヤマ…

いままでのこと*これからのこと

6月ですね。2017年も、後半戦がスタート!ひー ひー とか言っちゃったけど、わたし、今年はあまり早く感じていないんです。 たぶん「時間」をすっごく意識してきたから。 ひとから見たらくだらないことばかりかもしれないけど、今のわたしの精一杯の整理とし…

『独立国家のつくりかた』坂口恭平(講談社)

またかーー!!って思われるかもしれませんが、「わたしのはたらき」を読んだ際に坂口恭平さんのインタビューに衝撃を受けたんです。(わたしのはたらき、本当に面白いよ!っと、こそっと。もう、こそっとレベルじゃないか。) 僕、スーパーマリオで好きなの…

『働く君に伝えたい「お金」の教養』出口治明(ポプラ社)

この記事を読んだのです。 wotopi.jp 「本当にー?(疑い)」っていうタイトルの引きのよさもあるし、最近、お金というか貨幣制度にすごく疑問を持っていて。 「わたしのはたらき」で、広瀬敏道さんのおはなしを読んだからもあるかもしれない。 僕たちには「…

『ファスト&スロー』ダニエル・カーネマン(早川書房)

英題は「Thinking, Fast and Slow』 日本語訳の副題は「あなたの意思はどのように決まるか?」 ファスト&スロー (上) 作者: ダニエルカーネマン,村井章子 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2012/12/28 メディア: Kindle版 購入: 2人 クリック: 34回 こ…

『すべてはあの謎にむかって』川上未映子(新潮社)

ファスト&スローが読み進まなすぎて(やっと今日読み終わりましたーー!パチパチ。最後の方は3ページ読んだら眠くなる催眠にでもかかったようだった。わはは。)、閑話休題じゃないですが、そちらがつらくなったら読む!というふうにさせて頂いていたエッセ…

『わたしのはたらき』西村佳哲(弘文堂)

「かかわり方のまなび方」を読んだ後、進めてくれたおねえさんに感想と共にご報告したら、「ごめん!わたし読んだの、それじゃなくてこっちだ!」と教えて頂いた「わたしのはたらき」。笑。(すごくそのおねえさんぽい。) 他の本もぜひ読んでみたいと思って…