=== memo ===

こつこつ読書感想文📝

『スタンフォードでいちばん人気の授業』佐藤智恵(幻冬舎)

ハーバードじゃないんかい✋というツッコミは受けます。

 

目次を読んで惹かれた本。

大学もう1度行きたいなあ なんてたまに思うのですが、そんなぼんやりした目標じゃだめだよね。

大学時代を思い出してみても、バイトに励んでばかりいたし。

じゃあ、あの頃なんでちゃんとやらなかったんだろう。それに尽きる。

ただ、35〜40代のどこかで、行こうと思っています。大学!

ビジネススクールなら、もっと早く行った方がいいだろうな。

www.timeout.jp

スタンフォードでいちばん人気の授業

スタンフォードでいちばん人気の授業

 

 

ストーリー、イノベーション、交渉術からマインドフルネスまで、9つの異なる授業から「人間はいくつになっても自分を変えられる」方法を知ることができる本。

 

f:id:na-kko:20170918171401j:plain

(こういうことですかね。ジャンプっこの心に生きる名言!)

 

コンピューターが人間の知能を超えてしまう「シンギュラリティー」(技術的特異点)は、2045年ぐらいに訪れる、と人工知能研究の世界的権威、レイ・カーツワイル氏は予測している。

プレゼン内容が記憶に残るか残らないかは、話術とは関係ないそうだ。多くの人の記憶に残った発表者の特徴は、①ストーリーを使った、②感情に訴えた、③10のことをいわずに1点に絞ってプレゼンした、のいずれかだったという。

「人間は選択肢が多すぎると、選択そのものを放棄してしまう」ということだ。

人間が最も幸せだと感じるのは何をしているときだろうか。普通に考えれば「休息している時間」が最も高そうだが、結果はその逆。幸福度が高かったのは、性行為、運動、会話など、何か1つのことに集中していた時間帯で、幸福度が低かったのは、マインドワンダリング状態だったとき、つまり、休憩していた、何か単純作業をしていた、自宅でパソコンを使っていた時間帯だった。

瞑想のプロの脳は一般人の脳よりも、島皮質、前頭前野、体性感覚野、聴覚野の皮質の容積が大きいことがわかった。つまり長期間の瞑想週間は、人間の脳を変化させ、感覚を研ぎすまし、五感、記憶力、決断力を高める可能性が高いのだ。

 

www.ted.com

本の中でインタビューが載っていた人気講師のTED。

本当に、鬱って誰でもなる可能性がある病気なんですね。

ただ、治せる可能性もある病気。偏見を持たずに(自分がなっても、知り合いがなっても)付き合っていかなければ。

 

『働くひとのためのキャリア・デザイン』金井壽宏(PHP新書)

ふいに本を貸してくれるひとが好き。

最近、かねてからしてみたかったという職業に転職したひとが貸してくれた本。

その時、初対面だったんですけれど。仕事の話になった時に「ああ、そういえば」って貸してくれたんですよね。嬉しかったなあ。

働くひとのためのキャリア・デザイン (PHP新書)

働くひとのためのキャリア・デザイン (PHP新書)

 

 

一貫して語られていたメッセージは、

「人生の節目のときには意識的にデザインすべきものがキャリアだ」

 

①自分はなにが得意か。

②自分はいったいなにをやりたいのか。

③どのようなことをやっている自分なら、意味を感じ、社会に役立っていると実感できるのか。

という問いは、節目にはぜひ問うべきハードルだ。

 

 入社後三年目までの良好なキャリアの歩みをするうえで、新人の能力ばかりでなく、上司との「いい関係」をもつことが大事であることが判明している。入社後の幻滅感も最初の上司との関係がいいと緩和される。

上司と部下の人間関係、色々ありますよね。

これに関しては、言いたい。すごく、言いたい。

わたしは転職を一度しているのですが、

前の会社の上司は皆さん倫理的にしっかりしていたのだなあ、ということが転職してわかった事実。

なんでかというと、転職後一番初めに現場で一緒になった上司が見栄っ張りなのかなんなのか、ひどく「自分を守るための嘘」をつく人だったの。

 

多分ね、世の中の部下の大半は、上司のことを好きになりたいし、信じたいし、尊敬だってしたいと思うんですよ。

 

少なくとも、わたしはそうだった。

 

わからないことを適当にごまかしたり、できないことを引き受けて努力もしなかったり、最終的に自分の失敗を部下がやったことにするなんて、

本当に、本当に、あのひとなんだったんだろう・・・・!!!!!!

 

もし、わたしの行動がそうさせていたというのなら、わたしは、厳しかったのかもしれない。仕事で「適当でいいや」「誰かがどうにかしてくれるだろう」は、嫌いだから。

それに気付くと態度が冷たくなってしまう部分はあったと思う。指摘もするし。

 

だけど、だけどさ〜〜〜!

今思い出しても感情が渦巻くよ。はあ。

 

その人は、部下にはそんな態度ですが、上司の前では調子がいいので現在も経営陣のお気に入り。結果、ちょっぴりお咎めがあって終わり。

「会社は利用するもので、利用されるものではない」だから、過度の期待はしちゃいけないなって、改めて思った出来事だったな。

 

いい加減も嘘も許せないわたし。自分をよく見せるために嘘も厭わない彼。

彼の方が、器用なのかもしれない。

 

けど、そのどうしようもない見栄も嘘も「自分より立場が上のひとはそんなことするわけないから、自分の考えがおかしいのかな」って悩んでた当時のわたしに教訓として言いたい。

 「おまえ、いいこすぎるぞ」

 

「タフでなければ生きていけない。やさしくなければ生きていく値打ちがない。」

 

前職は、恵まれていたんだろう。

「このひととわたしは価値観がまったくあわないんだ」って割り切ってからは、少し楽になった。それは、優しさではなく自己防衛としてだけど。

「このひとがこういう態度なのは、自分のせいなんじゃないか」って考えを、毎日会うひとに持つのはしんどかった。働いていると、あわないひともいる。

 

ひとに出会うのが好きで、今もプロジェクト方式の仕事に参加しているけど、自分にない価値観に触れて感動することもあるし、その反面こういうマイナス面もたまにはあるんだろう。きっとこれからも。

ああ、愚痴っぽくなってしまった。よくないね。

 

どんな仕事をするか?も大切だけど、この本にあったように「誰と働くか?」も最初の3年は(仕事に慣れるまでは)特に大切。

 

40歳を過ぎたら、人生から逆算して夢を叶えていくっていう考え方は、新しかったな。

例:5年ごとで車を買い換えるなら?

 

「<夢なんか(実現しっこない)>というひともいるが、実は<夢しか実現しないのだ>」

 

『なめらかなお金がめぐる社会。』家入一真(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

CAMPFIRE、BASE、リバ邸、polca

面白い、新しい、と感じた先にいつもいるひと。家入一真さん。

 

CAMPFIREのプロジェクトから見る「小さな経済圏」の試みから、

今後、社会がどう向かっていくのか。家入さん目線の未来予測も覗ける本。

 

読みやすくて、面白くて止まらなくて、さくさく1日で読み終えた。

今の日本の社会は、現状で十分達成されていることであっても過剰に理想像を煽っているような気がしてならない。消費者は物欲を耐えず刺激されて、それにより経済活動が賄われているのだ。

もちろん、そういう幸せもある。

大前提として、それこそが資本主義の本質なのもわかっている。

「それくらいなんとかしろ」と思うより、「それくらいだったらみんなで」という発想のほうが楽しいし、優しい。

人は希望を持つから絶望する。

夢を持つから夢に敗れる。

他人との比較ばかりをするから自信を失う。

完璧を目指すから失敗を恐れ、最初の一歩が踏み出せない。

過度に欲しがるから、心の穴が埋まらない。

 

今年に入って色々な種類の本を読み進めていく中で募っていたモヤモヤが、言語化してもらったことによって一気に晴れた!

知識が増えると、選択肢が増える。

CAMPFIREは少し敷居が高いな〜と思っていたんだけど、polcaを使ってなんかやってみたいな。シェアハウス内で何か仕掛けようかな。

 

大切なのは「どんな生き方をしたいか」であり、それは「自分にとっての幸せとはどこにあるのか」を探るということだ。

 

「やりたいことが特にない」それも全然悪くない。

安定している証拠じゃないかな、と思う。

ただ、いつも書いているけれど、『わたしは』将来の夢が好き。

欲張りなんだと思う。

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい

もっと知りたい。もっと見たい。

いつか、そう思わなくなる日がくるんだろうか。

 

ちなみにアメリカでは2020年にフリーランスの数が労働人口の半数を占めると予測されているらしい。それだけ「脱会社」の流れが進んでいるということだ。

 

もっともっと楽しくなりそうだなって思った。

なめらかなお金がめぐる社会。

「自分にとっての幸せ」は他の誰かが突然与えてくれるものではなく、考えてくれるものでもない。

そこの価値基準は、見失わずにいたい。